キングダム ハーツ1をクリアしたので、Re:チェインオブメモリーズを始めてみた


キングダム ハーツ1はとりあえずクリアしたので、発売日順で次の「Re:チェインオブメモリーズ(通称Re:COM)」を始めてみた。

1からの流れでやると戦闘システムに少し戸惑う。

※ある程度配慮はしますが一部ネタバレを含む可能性があります。

戦闘はカードデッキを使用するアクションバトル

もともとこのゲームはGBAで発売されていて、その当時の戦闘システムはわからないけど、今回はカードデッキを組み、その中からカードを選択して戦うというものになっている。

しかし、単純なカードゲームというわけではなく、アクションバトルのコマンドをカードを選択するイメージ。

慣れるとおもしろいんだけど、最初はかなり戸惑った。なにせ、

  • バトルはあらかじめ組んだデッキの中から行動を選択して行われる
  • デッキを使い果たしたら、ストックアクションを行いカードを再度ストックできる
  • カードには数字が振られていて
  • 敵も行動時にカードを使用し、カードの数字に応じてこちらが使うカードを選ぶ必要がある
  • 特定の攻撃が効かない敵もいるため、該当するカードを避けて選択する必要がある時もある
  • 強力な技があるが、使用するとその戦闘時に使えるカードが一枚減る(再ストックも不可)

このルールで、KH1と同じような敵がひしめく中で、敵を避けたり近づいたりしながら、適切なカードを選択し続けなければいけんのだ。

でも慣れると楽しい(小並感)。カードをどう構築するのかとか、アクションなのにカードゲームの要素がうまく融合されている。

野村節全開の、謎の機関が登場

1ではディズニーのキャラクターがメインで物語がなっていたけど、今作は「心の謎を解き明かすぞ」という謎の機関が敵組織として現れる。

志はすごく健全そうなのに、黒い服と人相ですごく悪い奴らに見える。アンセムと何らかの関係がありそうですね。

神羅カンパニーにおられた方でしょうか。。

ディズニーキャラクターはKH1の焼き直し

まあもともとGBAのソフトやけ、容量的に仕方がないかもしれないんだけど、登場するディズニーワールドは今のところ1と同じで、この辺りは少し新鮮味に欠けるかな。

ボスも1と同じマップを使いまわしたりしていて、一つの世界クリアにかかる時間も相当短い。

現在の雑感

戦闘システムは難しいけどよくできている。

キングダムハーツ的には新キャラや組織も出てきてお話は動いているけど、ディズニーとのコラボ感はある意味ほとんどないなあ。

という感じですかね。今のところ。

でも物語が動いてきてるから全然楽しめてます。