スパイダーマンめっちゃ面白そうだけど、あえてここで「バットマン:アーカム・ナイト」を買ったら少し冷静になった話


PS4のスパイダーマン、めっちゃ面白そう、、。

でも、DLでフルプライスで買って後悔した経験から、ちょっと尻込みしてしまう。

バットマン:アーカム・ナイトを買った理由

楽しそうだなー、でも合わなかったら嫌だなー。と悶々とYoutubeのプレイ動画とかレビューサイトを眺める日々が続く。

Amazonのレビューとか見てると、バットマンシリーズがゲーム的に近いらしい。近所で中古で2,000円以下だったから試しに買ってみた。

究極のバットマンごっこ。しかし個人的に合わなかった。。

やってみると、グラフィックがすごくてホント映画をプレイしてるって感じ。ヴィラン達は特に紹介もなく出てくるけど、バットマンの映画はだいたい見たから無問題。

ただ、どーもこの操作感とか、カメラアングルとかがしっくりこないんだな。

バットマン:アーカム・ナイトで気になったところ

いらないカメラアングルの自動調整

正直、ここが最大のネックだった。

歩き時にキャラクターが左側に固定されたりかと思えば走りの時はロングになってキャラも真ん中にきたり、俯瞰でキャラクターを見ながら操作したいのに勝手にカメラのカメラを調節してくれたり(特に車操作時に遠くが見れなくてやだ)、特定の場所を見ながら移動したいのに勝手に正面アングルになったり、、大きなお世話な機能に感じる。オプションでカメラサポートをオフにしても大して改善されず。

カメラアングルの自動調整のせいでゲームプレイ中ずっとムズムズしてしまいやる気が削がれる。。

ストーリーに抑揚がない

なんかこう、話が淡々と進んで、展開ごとのワクワクがあまりない。

ストーリーや演出が映画的なのかな。敵がドドーン!と登場したり、実はこいつにはこんな秘密が!みたいな、(ワシの思う)和ゲー的な展開が少ない気がする。

システム全般がユーザーに優しくない

メインストーリーの濃度を薄めてしまうのにも一役買ってるけど、サブミッションがやたらボリューミーで、しかもメインミッションと同じUIで進めるから「本来の目的って何だっけ?」ってなっちゃう。自由度が高いのはいいのかもだけど。

追記:バトルはメインミッションを50%くらい進めたら敵の攻撃のバリエーションが多くなってなかなか奥深くなってきた。

操作方法が複雑なのにチュートリアルはあまり丁寧ではなく、いろんなコマンドがある割に同じ操作でゴリ押しできちゃうからプレイ(主に戦闘)が単調になりがち。
ただ、ステルス要素もあったり攻め方のバリエーションが多いのはよかった。

日本でのキャッチコピーは「PS4でしかできないこと全部やる」らしいけど、もう少し小出しにして、徐々にできることが増えていく方が飽きないし操作にも少しずつ慣れていけるんじゃないかなあ。

キャラクターが無表情で怖い


目が怖いよ。口だけパクパク動くのも怖いよ。

あと、女性がかわいくない


好みかなあ

ハリボテの街を飛び回る感覚

街の作り込みはものすごい。グラップリングフックとグライドでの移動も気分爽快。

が、入れる建物が少ない。街をうろつくのはチンピラばかり。で、生活感が皆無なため、せっかくの移動の楽しみが半減している。あと仕方ないんだけど常に雨降りの夜だから陰鬱。

ただ、洋ゲーってそういうもんなのかもね

まあワシも、ドラクエ11のためにPS4買ったようなチャキチャキのジャパニーズライトユーザーなので、大した数プレイしてないけど。
振り返ってみると今までやってきた数少ない洋ゲーにも、似たようなちょっとした不満を感じていた。

ストーリー、システム、人の表情、痒い所に手が届かない感じ。
あと、リアルで、オープンワールドで、銃ぶっ放してみたいなゲーム多すぎないかね。
洋ゲー(CS)は肌に合わないのかも知れないなあ。

おかげでスパイダーマン購入についてはかなり冷静になった。
ゲーム全般、体験版とかもう少し充実するといいのに。でもそれするとプロモーションも複雑になるか。

では、よいゲームライフを。