DTM未経験者がちょっとイジれるようになるまでメモ。初めはガレージバンドで十分じゃな


ワシも一応バンドマンやけ、昔から興味があったのだけど機械が苦手で尻込みしていたDTM。
いい歳になってまたバンドやろうってなって、曲とか作ってみるのもいいかもなあってなった時に、でもスタジオに篭ってシコシコとやるのも手間だなと、楽をするために満を辞してDTMを始めようと決意したのである。

DTMとは

まあこんな説明もいまさら感あるんだけど、「ですくとっぷみゅーじっく」の単語の頭文字をとったわけですな。

パソコンで音楽作ること(またはその音楽)

DTMに必要なもの

必要なものを調べてみる

  • PC(音の出るもの)
  • DAWソフト
  • オーディオインターフェース
  • MIDIコントローラー
  • 音源
  • マイク、スピーカー、ヘッドホンetc…

改めて思ったけど、始めるにあたってワシ的障壁だったのが、専門用語・機械の多さ分かりにくさ(あいにくのオツム)!
絶対必要なものなのか、なぜそれが必要なのかわからない。だもんで一個ずつ調べてみた。PCはさすがに割愛。

DAWソフト(すごく必要!)


これはMacについてくるガレージバンドっちゅうソフトのスクリーンショット

DTMソフトとは違うんけ?と思っとったけど、ワシがDTMソフトだと思っていたものはこのDAWソフトと同義だったようだ。音楽トラックを編集するために絶対必要なもんだ。

曲を作っていくための箱(なにも書かれていない楽譜)を用意したり、いろんな楽器の音が入っていてその音を一つ一つ打ち込んで制作していくためのもの。。

有料ソフトのフルエディションは2〜6万円くらいか。

まあ、買わないでもMacならねGarage Bandっていう無料のDAWソフトがついてるし、お試し版が配布されていたり他のDTM機器におまけでついたりしてるから、意外と入手の敷居は低かった。

ちなみに、VOCALOIDはまたちょっと特殊で、VOCALOIDエディターと歌声ライブラリっちゅうもんがさらに必要になるみたい。そいつらで編集した歌声をDAWソフトに取り込んでまた曲として編集するんだと!

オーディオインターフェース(エレキやマイク繋ぐなら必要!)

うああ、なんて横文字な名前なんだ!!!!

と、多少混乱してしまう。

音質がどうとかなんやかんやあるみたいだけど、ワシ的には、エレキギターやマイク等の外部機器をパソコンに接続するためのアイテムって印象だな。

つまり、楽器やマイクを使わない人はこれがなくても曲は作れる!!(言い切ってしまったけど一応どんなものか調べてね)

でも、こいつに有料DAWソフトのお試し版がついてきたりするから(お試しといってもめちゃ多機能)、一台持っておいてもいいかもしれない。
↓は超定番商品で、Cubase AIダウンロード版が付いてくる。

MIDIコントローラー(あると便利!)

DAWソフトには音符を打ち込んで音楽を作っていくってイメージなんだけど、マウスでぽちぽちってすごく効率が悪い!キーボードは狭い!という時に登場させるやつ。

形は色々で、ピアノの鍵盤だったり、ボタンがいっぱいあるやつだったりするけど、できることは同じで、打ち込むための音の種類とか持ち運ぶかとかの用途によって選ぶといいと思う。

たとえばドラムパートを打ち込むなら広めのボタンが均等に並んでる形の方がコンパクトだし叩き心地もいい。PCだけだと超絶面倒な強弱もつけられるので、慣れると実際のドラムと同じような演奏ができたりする。

もちろん、ここまでできなくてもハイハットだけチャッチャカチャッチャカ打てるだけで効率はものすごく上がる。

MIDIコントローラーの売れ筋ランキングを見る

音源(さらにいい音で!)

DAWソフトにもデフォルトでいろんな楽器の音源が入っていてすぐに曲を作れるけど、より高品質の楽器の音とかで制作したいっていう人が買うみたい。

ちなみに意外と高級品だったりする(無料のものもある)。

その他

マイクは環境音や自分の声を録るならもちろん必須。しないならいらない。追加のスピーカー、ヘッドホンはなるべくいいものでかつモニタリングに向いたものを買うといいでしょう。その他周辺機器は必要応じて買い揃えまそう。

必要なものまとめ

ようするに、

楽器も弾かない、音の打ち込みも苦じゃない人

PCとDAWソフトがあればとっととDTMを始めればいいっちゅうことだ。

さらにボーカロイドで声も入れたいっていう人

追加でVOCALOIDエディターと歌声ライブラリをどうぞ。

自前のエレキとか繋いでマジモンの楽器の音も入れたいぜっていう人

追加でオーディオインターフェースをどうぞ。
バンドのデモソングくらいならここまでくらいでなんとか対応できると思う。

いろんなパートを効率よく打ち込みたいぜっていう人

追加でMIDIコントローラーをどうぞ。

プロ目指してるぜっていう人

こんなところにいないでワシが口を出すのはおこがましいですな。

きっとスピーカーとかヘッドホン、音源やらいっぱいいいやつ持ってることでしょう。

それぞれの良し悪し、違いはなんなのさ?

次に疑問に感じたのが、それぞれの機材は何を基準に選べばいいのさ?無料のGarage Bandじゃしょぼいことしかできないのか?等々である。

DAWソフトの違い

いろんな会社から数多くのDAWソフトが出ているけどできることにそこまでの差はなく、得手不得手や好み等で選んでいいみたい。WindowsかMac専用のソフトもあるから、一応そこも判断基準か。

CUBASE PROはVOCALOIDとの親和性も高いし使用人口が多いからサードパーティ製のプラグインや情報が豊富。とか

Logic ProはMacとの親和性が高くて音源も最初から種類豊富で安価。とか

Studio Oneは最近できたソフトで余計な機能が無いから動作が安定している。とか

↓の動画が大変参考になりました。

無料のDAWソフトなんだけど、思ったほど有料ソフトとの差は無いみたいだ。例えばGarage BandはLogic Proの下位互換で、オーディオ音源のピッチコントロールができないとか、音源の数が少ないとか、の差だったりする。

突き詰めていくとその差がものすごく大きくなるのだろうけど、とっかかりとしては十分すぎるほどの機能がついている。むしろ最初から有料DAWソフトから入るよりシンプルで混乱しないんじゃないのかな。

オーディオインターフェースの違い

入出力される音質や、同時接続できる数が変わったり、エフェクトとかいろんな機能がついたりするみたい。

こういうもんは使ってみないとわからないから、できるなら一度色々試してから買いたいな。

ワシ的には、ギターやマイクが同時で2本くらい繋ぐことができれば余計な機能はなくてもいいって感じで、でもできたら安心の定番商品がいいなってことでこいつを買いましたわ。

携帯性とか、パッド・鍵盤の数とか。あとは各社しのぎを削って様々な機能を搭載しております。

おすすめMIDIコントローラー特集

ワシめはというと、とりあえずiPhoneなんぞをMIDIコントローラー代わりに使っておりまさあ。今度それ用のエントリーも書きまさあ。

音源の違い

収録音源の種類や数を除けば、音質の違いに帰結することは明白!臨場感あふれる高品質のサウンドがあなたに襲いかかる(徹夜中)!

スピーカーとかの違いは説明するまでも無いし主旨から外れるから割愛

おわりに

そんなわけで、やってみたら意外と簡単に始められた(時代のおかげも大いにあるけど)!
何事も案ずるより産むが易しということですな。では、良きDTMライフを。