ボヘミアンラプソディを見るとクイーンがもっと好きになる




クイーンの伝記映画がやる!?こりゃ見ねばなんねえ!
てことで見てきた。

PVのフレディ役のコスプレ感がちょっと気になったけど、没入しちゃって関係なかったね。

フレディ役のコスプレ感は意外と気にならない

PVを見て最初に思ってしまったのが、「なんやこれ、コスプレかよ、、。」である。


引用:フロントロウ

全然似てはいないよね。まあ、どれだけ似ててもクイーン好きからは文句が出たんだろけど。

鑑賞前の一番の懸念点だったが、すぐ映画に没入できてそんなことはあまり関係なかった

フレディのかなり若い時代からスタートしたおかげもあったし、映画で描かれるクイーンの日常が新鮮過ぎて、すんなり感情移入できた。

関係者の俳優さん似過ぎ!特にブライアン!

そしてフレディ以外の登場人物、よくこんなに雰囲気の似てる人を集めたな!と驚いた。

甘いマスクのジョンテイラー、知的なブライアンメイ、温厚そうなジョンディーコン。

でもジムハットンが一番の衝撃だった。こいつここまで近づけるか、、。と。


ブライアンメイ役の人。本人映像じゃないんだぜこれ。

最後のライブシーンはズルい

クイーンが歩んできた道のり。それを描いてからのライブエイドのライブ再現シーン。

こんなんズルすぎじゃろ。。歌詞が、歌が身に沁み過ぎるんじゃ。歌の力のブーストがハンパない。

隣のおばあさんは首振りながら号泣してたよ。ワシもこっそり泣いた。

クイーンをもっと好きになる映画

恋人とのこととか、病気のこととか、事実としては知ってたけど、映像になったものを改めて見るとなかなか感慨深いものがある。

フレディの生き方、ステキじゃのう。。やっぱり魂込めて生きなきゃいかんね。

クイーン好きは必見だし、クイーンをあまり知らない人も見て好きになればいいと思った。

追記:ムスメを預かってカミさんにも見に行かせた!最初乗り気じゃなかったぽいけど、帰ってきたらまんまとクイーン好きになっていて、興奮気味に「もう一度見にいってきなよ」と言っていた。しめしめ。

では、よいクイーンライフを。