「それ、必要ない」って気づいたら楽になった




さて、久々の更新になっちまったが思ったことをつらつら書いていこうかね。

猫も杓子も〇〇ペイだなんだって話してるから、ワシもそろそろ導入してみた方がいいんかなーなんて思ってた日常の考え事。

周りに思わされてるだけじゃない?

キャッシュレスの時代が来るって言うし、面倒臭がらずにこういう新しいものを試してみた方がいいんじゃないかな。とも思っていた。

なんか何パー還元とか、少しでも節約に繋がりそうな感じだし。

子供が生まれてからというもの、自営業なんて先行きが全くわからない働き方だし、食いっぱぐれるのだけは避けなきゃなって思ってて。

テクノロジーとか、瞑想とか、投資とか節税とか、流行り物にも少し敏感な今日この頃。

色々本読んだりしてスキルも伸ばそうともしてみてて。

本を読んだり、新しい技術を覚えるのは面白い。
でも、〇〇ペイとかにはその積極性を向けられない。

なんか使う気にならない。

単純に「好きじゃないものは必要ないから」

なんでかなって考えてみると、一番の理由はバンバンCM流してる感じとか、大きな流れに流される感じが嫌だったんだな(流れるように流されないようにが信条だし)。

キャッシュレスの時代が来るって言っても、〇〇ペイとかはその時代のほんの一部分。その時代が来たら迎合すればいいし、今のあまり見てて気持ちのよくないペイ戦争に参加したくもない。

そんなにもの買わないし。。
結局消費の上に成り立ってる仕組みだから、消費っていう節約とは真逆のプロセスを踏むのが嫌。。

逆に、なんであんなにやらなきゃいけないみたいな焦燥感にかられたのか考えてみたら、俗っぽすぎるけど「周りが使ってるから」だったんだよね。

ワシの流されやすさを再認識した。

自分の考えを柔軟に、でも譲れないところは完全に理解してる。

そんな状態を保つためにも定期的に自分と向き合ったり振り向いたりも大事だな。

新しいことに挑戦することは大事だけど、自分のパッションに従おう。

おしマイケル。