【ムスメの成長記録:2ヶ月】クーイングとか1日の流れとか




ついにムスメが生後2ヶ月を無事迎えられましたぞ。

なんかもう4,5ヶ月くらいの月日が流れてる気がするけど、まだ60日くらいしか経ってないのか。

早く成長して話せるようになったり、歩けるようになったりしてほしいと思う反面、今のムスメが変わってしまうのも寂しいとも感じる今日この頃。

でもしっかり育ってくださるのが一番なのですがね。

最近は順当にクーイングと言われる囁きを聞かせてくれるようになった。「えうー」とか「ああー」とかだけなんだけど、これがホントに可愛いのだ。

それを聞きたくて父母ずっとムスメの真似して、ウーアー話しかける始末。

お出かけにも慣れてきて、最近は暑すぎて日中は無理だけど、夕方の買い物の時とか、できるだけ一日で外に触れられる時間を作る様にしている。

母ちゃんににて内弁慶なのかただの気まぐれかもしれないけど、なぜか家の外では大人しいムスメ。

起きていても外出中に一度も泣いたことがない。車の中で一度泣いたか。

ともかく、2ヶ月も一緒にいるとさすがに慣れてきたのか、あまり慌てる出来事も少なくなったし、親子とも生活のリズムが整ってきた様に思う。

6時頃:ムスメ起床。1度目の食事。

9時頃:食事後に沐浴。たまに綿棒かんちょう。

16時頃:あまり暑くなければ買い物がてらお散歩。

18時頃:ムスメのパーリータイム。何をやっても泣き続ける。

20時頃:消灯。しかしパーリータイムが続く時もある。

24時頃:最後のお食事。この後最近は朝までスヤスヤ。

間にパーリータイムがよく挟まるけど大体はこんな感じ。

お遊びはまだ歌をうたったり、話しかけたり、ちょんちょんしたりユラユラしたりするくらい。

その他

キックがより強力になった。食事後の縦抱きの時(膝の上で対面でやってる)、たまに嫌がってお腹を蹴ってくるのだけど、胃腸の弱いワシはたまにトイレに駆け込みたくなる。

体はムッチムチ。手はクリームパン。脚はチョココロネ。

お出かけの時、あらーとか言ってムスメを触ろうとしてくるオバちゃん。ちょっとイヤ(拒)。

そろそろ予防接種を受けさせねば。果たして泣かずに済むだろうか。無理か。