【ムスメの成長記録:1週目】うれしさと切なさとなんか色々




ついに我が子が爆誕したぞ。

ホントはもう一ヶ月以上経ってるんだけど、少し落ち着いてきたしせっかくだから何か残すことにする。

予定日より2週間早く産まれたムスメ。前日がカミさんの誕生日だったもんで、映画を見たり少しお出かけしたのが刺激になったのかもしれない。

体重は2950gで良好。「もう少し大きい子を産むってなったらしんどいかも」とカミさん談なので、まあよかった。

おぎゃあと初めての泣き声を聞いた瞬間ワシも泣いてしまった。

焼く前のホルモンみたいなへその緒をもらい、その太さにビビる。
「陽の当たらないところで10日くらいしっかり乾燥させてくださいね」と言われなぜかまたビビる。

生後1週間は母子ともに入院するので、行ける日はワシも病院に赴き、そこで門限の20時まで仕事しながら子供見る(仕事はほとんど進まない)。

産まれたての我が子はほとんど動かないんだけど、たまにフシャフシャいったりこっち見てきたり(ほとんど目が見えないそうだからたまたまかもだけど)、見てて飽きない。

あんまり動かないもんだから少し心配になって顔に耳を近づけて見ると、なんとも愛くるしい寝息が聞こえて一安心する。

抱っこしたり、母乳の後のミルクをあげて見るんだけど、首がすわってないし初めてのことなのでめちゃくちゃビビる。

母ちゃん、出産の時の股裂け傷が痛いらしい。ホントに出産てのは一大事件だ。

両両親も見にきてくれて、かわいいかわいい言って帰っていった。

そして早くも一週間が過ぎ退院の日。
初めてのお外&車に乗ってカミさんの実家へ。いただいたチャイルドシートはセットに戸惑ったけど安定していて、ムスメも終始おとなしかった。

そしてここから本当の戦いが始まるのだが、まだワシは知る由もない。

その他

開いた手に指を乗っけると握ってくる。原始反射というと味気ないけど愛おしい。