【ラウンド日記】ラウンド中の自己分析でわかったワシの傾向…99


今日はカントリークラブグリーンバレイにきた。
カントリークラブ グリーンバレイ

今日もいつものメンバー。

前回の反省を生かし、今日はラウンド中、自分がどんなシチュエーションでどんなショットになるのか、かなり細かく記録した。

結果はOUT47、IN52のトータル99。
トータルパット数は39。
OBは2回、池が0回、バンカーが1回、フェアウェイキープ率は30%くらい。

久しぶりに100切りできた。自己分析のおかげかな。

スコア管理だけじゃ不十分!ラウンド中に徹底的に自己分析ノススメ

しかしやっぱり運動不足で、後半スコアが伸びなかった。そしてまさかの翌日筋肉痛に見舞われた。

自己分析の結果と傾向。不調クラブは潔く封印しよう!

ショットの精度

引っ掛け率が高く、特に後半のティーショットでは引っ掛けからのフック軌道に悩まされる。

前半のティーショットではドライバーで真っ直ぐが3、やや引っ掛けが3、ややプッシュアウトが1。後半は5回引っ掛けで内2回もOBを出してしまった。

後半になるにつれて手首等の繊細な筋肉のコントロールが雑になったのと、体力不足で足腰が安定しなかったのが原因だろうか。

逆にアイアンではプッシュアウト気味の右に出る球が目立った。

上下は、トップ気味の球がここぞという時に限って出てしまった。かといって意識しすぎるとダフってしまう。まあ、いうて4回くらいだし、目も当てられないくらいのトップは出なかったから精度は上がってきている。慣れあるのみかな。

意外だったのはスライスの曲がりは1回も出ておらず、アウトサイドイン矯正の効果はかなりあったようだ。もちろん油断せずにこれからも精進するぞ。

距離感

距離感自体はなかなかのもんだった。上記の通り左右にはズレに悩まされたが、フラットなライからのショットに限れば現状では及第点だ。

ただラフからの打ち上げのショットの時は、予想よりも普通に飛んでオーバーすることが多かった。
110ヤードくらいのラフから、ピンが半分見えないくらいの打ち上げ時に、135ヤードくらいの気持ちで打ったらかなりオーバーしたり。

ライ別ショット

ちゃんと球にクラブを当てられるようになってきた。セオリー通りだけど、爪先下がりの時は右に出る。思ったよりも右に出る。

パター

朝の距離感作りができたので、ロングパットでも大きく外すようなことは無かった。15歩くらいの距離のパットを沈められた時は嬉しかった。

中長距離よりも入れごろ外しごろと言われる距離でのカップイン率が比較的低い。1.5m以内で真っ直ぐしっかり決められる練習に重点をおいたほうがいいかも。

苦手クラブ

5Wのミスショット率、なんと100%!

あんまり得意なクラブではないと思ってたけど、ここまでとは、、。

途中から5Wを封印すべきか悩んだけど、おいそれと封印できない理由があったのだ。

何かの記事で、90切るまではハーフセットで十分っていうのを見てから、今は1W、5W、5,7,9I、P,A,SW、パターの9本でやっている。

つまり、5Wを抜いてしまうと170〜220yくらいのショットが打てなくなってしまうのだ。
これはパー5のホールだとかなり厳しく、最初から3オンを諦めなくてはならない。

まあ、結果いうと何回やってもうまくいかないから、12ホール以降は封印したらスコアがまとまり始めた。わしの場合、不調なクラブは潔く使わない方が吉だ!!

今日の気づき

プレイの記録、ちゃんとつけてみるといろんな発見がある。

5W、1本だけシャフトがRなんだ。ゴルフ始めたての頃に安さに惹かれて買ったやつだし、違うやつも試して見た方がいいかもなあ。

いやあ、ゴルフって本当に、難しくて面白いものですねえ。