アウトサイドイン矯正の兆し


長い間(といってもゴルフを始めて一年にも満たないが)、ワシを苦しみ続けるアウトサイドイン、、、。いろんな方法を試しても中々直ることがなかったけど、自分にとっての鍵は「ループ」にあったみたい。

途方もなく右に曲がっていくボール。

ラウンドデビューして早半年くらいの頃。なんとかボールにクラブが当たるようになってきたのだけど、どうも打った球が右に曲がる。ひどい時なんかは90度くらい曲がってるんじゃないかってくらい曲がって林の中に猛進していく…。
これはいかん。と思い色々調べたところ、どうもクラブの軌道がアウトサイドインだと、あの右にギュイギュイと曲がる球が出るらしい。
インサイドアウトとアウトサイドイン

つまりスイングプレーン(Vゾーン)の外側からクラブが降りてきて、飛ばしたい方向に対してクラブの軌道がまっすぐじゃないから曲がるわけだ。
確かに自分のスイングの動画や新兵器M-tracerの記録を見ると、ものすごい外側からクラブが降りてきていた。


2017年9月11日時点のエムトレーサーによるスイングデータ。青がテークバックで黒がダウン。こりゃひどい。


7割以上がアウトサイドイン。角度もひどい。

プロのスイングデータを見て見ると、テークバックより内側からクラブが降りてきている。
スイングデータを見ても美しいなんて…

アウトサイドイン矯正のために試してみた色々

早速インサイドからクラブをおろそうと練習して見る。が、やれどもやれどもアウトサイドから降りてくる…。
悲しいかな。レッスンも受けていない、周りに上手なゴルファーもいないゴルフ難民はデータを見て酷いことはわかっても肝心の直し方がわからないのだ。泣く泣くGoogleさんや本屋さんやDVDさんに教えを乞う。

基本的な矯正方法

ざっくりまとめるとアウトサイドインの矯正方法は

  • 手打ちではなく、下半身主導で打つ
  • アドレス、グリップを見直す
  • コックを正しく

といった感じ。しかし大げさに変えてみてもあまり変わらず…。唯一効果を感じられたのが下半身主導のスイング。しかしこれが中々難しい。


2017年9月15日のデータ。多少はましになっただろうか…。

ループの意識ですぐに改善された

1ヶ月くらいたっても相変わらず悩んでいたが、ある時ツタヤで借りた鶴見 功樹プロの教則DVDで「外側に上げて内側に振り抜くループを意識して矯正」と言っていたので(他に言っていたこと色々も)試したところ、、、


マジか。と実際声にも出してしまった。2017年11月のデータ。

あんなに悩んだアウトサイドインがこんなにすぐ変わるとは。
もちろん油断して手打ちになるとすぐアウトサイドインになるけど、何をやっても変わらなかった泥沼から抜け出せたようで実に気持ちがいい。
ループを意識して、アウトサイド気味にテークバックしてインサイドに降ろす。この時手首は使わない。


だいぶ改善してきた!

あとは練習ひたすらで体の動きを定着させるのみだ!
いやー、ゴルフって本当に、難しくて面白いものですねえ。

鶴見 功樹プロの教則DVDについて

ワシのアウトサイドイン矯正を大きく助けてくれた鶴見 功樹プロのDVDは「練習場100球レシピ〜アウトサイドイン・インサイドアウト軌道がすぐなおる〜」というタイトルなのですが、Webでは詳細が見つかりませんでした…。近所のレンタル屋さんにもしかしたらあるかもしれません。
(Youtubeには、冒頭の部分だけがありました)
https://youtu.be/hmj312OZdJY